2017-08

掲示板やブログでの発言のあり方を考えてみた

 
同じ地域で事業展開する同業者を掲示板やブログでつるしあげる。
細かな部分でどのようなやり取りがあったのかはわからないが、僕の目には「意見ややり方が合わず、気に食わないからぶん殴った」のと、何ら変わらない次元に写る。

「殴る」は法的に処罰の対象となる。僕が目にした掲示板やブログの書き込みは、処罰の対象にはならないのかもしれない。

しかし、法的にどうか以外にも、社会には、倫理、道徳、道義的といった価値基準も存在する。その書き込みは、これらの広い視野で見たときにどうなのだろうか。

また、会員制や承認制でもなく、自由にアクセスできる環境でブログを開設しておきながら、「不快で嫌なら見るな」的な発言にも賛成できない。リピーターならまだしも、気の毒にも初めて目にした方が不快に感じる場合も想定できる。内容を知らずに初めてブログを読んだ方に対して「不快で嫌なら見るな」と言うのは乱暴である。

現在のブログの開設のしかたでは「ここのブログは、自分が書きたいことを書く場だ」と言ったところで、すべての読者に対しそれが免罪符にはならないだろう。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

トラックバック

http://narisawamemo.blog.fc2.com/tb.php/92-e4ca5fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (181)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR