2017-08

不適正な業務を助長する仙台市のローカルルール

仙台市実地指導資料「 居宅介護支援業務における留意点について(改訂)」より
   平成26年3月14日(金)仙台市健康福祉局保険高齢部介護保険課

【介護予防支援事業者で暫定ケアプランを作成後、要介護で認定結果が出た場合】
 認定決定後、速やかに居宅介護支援事業者へ引継ぎを行う。この際、引継ぎを受けた居宅介護支援事業者は、暫定ケアプラン作成に係る一連のプロセス及び作成後のモニタリングの実施等、運営基準に規定されている一連の事項について実施していないが、暫定ケアプランの作成を行った介護予防支援事業者が当該規定を遵守し、それに係る記録等を居宅介護支援事業者に引き継いだ場合には、引継ぎを受けた居宅介護支援事業者が実施したものとみなすこととする。
 そのため、報酬算定については、要介護の認定結果が出た月分から、運営基準減算を適用することなく、算定することができるものとする。また、引継ぎを受けた居宅介護支援事業者が、暫定ケアプランを基に確定プランを作成することになることから、初回加算についても、算定することができるものとする。なお、初回加算、特定事業所加算以外の加算については、引継ぎを受け、居宅介護支援を実際に提供し始め月から算定することとし、要介護の認定結果が出た月分に遡って算定することはできない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんなローカルなみなしルール、あり得ない。
やってもいないことに居宅介護支援費の算定を認める悪質なローカルルール。やってないのに保険算定するのって、これ、詐欺行為でしょう。

「平成18年4月改定関係Q&A(2)の52」のみなし自己作成ルールがあるのに、保険者が面倒だから悪質なローカルルールでごまかそうとしてるんですかね。

本来であれば保険給付されることのない給付が行われ、保険者自らが無駄遣いしてる、自分に甘い取扱い。適正化の対象になんないの?

会計検査院による会計実地検査なんかで指摘され報酬返還にでもなったとき、仙台市は責任をとってくれるんだろうか。

テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

トラックバック

http://narisawamemo.blog.fc2.com/tb.php/107-5f7bb660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (181)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR