2017-09

要支援者の悪化率データ


独自にデータ収集したところ、要支援者のケアマネジメントについて、委託を受けた居宅介護支援事業所がマネジメントするよりも、介護予防支援本体の地域包括支援センター(介護予防支援事業所)がマネジメントするほうが、要支援度が悪化していることが判明しました。

どのような介護予防サービスを利用しているのか、その提供回数は等の要因もあるでしょう。しかし、適切なサービスに結び付けるのはケアマネジメントの役割です。

新予防給付の開始に相まって介護予防支援が始まり、「要支援状態から要介護状態への重度化を防止する」として要支援者のケアマネジメントは地域包括支援センター(介護予防支援事業所)が担うことになりましたが、重度化を防止できているのはむしろ居宅介護支援事業所が関与した利用者です。

新予防給付以前のように、ケアマネジメントは居宅介護支援事業所が一元的に担う方が重度化を防止できるんじゃないでしょうか。



sienakkaritu.jpg

テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (196)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR