2016-05

研修会のご案内


公益財団法人
フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
主催

【千葉県市川市】
  テーマ:「法定研修では教えてくれないケアプラン作成の演習」
  日 時:平成28年5月18日(水)13:30~16:30
  会 場:京葉ガス市川ショールーム
       (千葉県市川市南八幡3-14-1)
  定 員:限定50名
       参加申込者が定員になり次第、締切とさせて
       いただきます。
  参加費:無料

【新潟県新潟市】
  テーマ:「居宅介護支援業務の押さえどころ
          ~根拠の無い「伝承」からの脱却~」
     ※同時開催 ―福祉用具新商品見学・説明会開催―
  日 時:平成28年6月17日(金)11:00~16:30
  会 場:デンカビッグスワンスタジアム 会議室5
       (新潟県新潟市中央区清五郎67-12)
  定 員:限定100名
       参加申込者が定員になり次第、締切とさせて
       いただきます。
  参加費:無料

詳しくはこちらの「トピックス」をご覧ください。


地方分権は、力で住民をねじ伏せるためのものか!?

「高齢社会・少子化社会への対応」地方分権における時代の
要請
は、「的確に対応できる仕組みづくりに向けて、住民に
身近な市町村の創意工夫の必要」なんですね。

「分権型社会の姿」の一つとして「地方自治の本旨の実現」が
挙げられ、これは
「それぞれの地方公共団体による行政サービスが、
地域住民の多様なニーズに即応する迅速かつ総合的なものに
なるとともに、地域住民の自主的な選択に基づいた個性的な
ものになる」

ということなんですね。

実態はどうでしょうか?
介護保険制度の扱いを給付抑制の目線で解釈し、あるいは
住民を無視した曲がった扱いを押し付け、伝家の宝刀のごとく
「地方分権だから」と高圧的にねじ伏せる姿勢が各所で
見受けられます。

地方分権は、地方公共団体の頭が固い頑固なお役人様を
つくりあげるためのものなのでしょうか。


http://www.bunken.nga.gr.jp/siryousitu/start/1-1.html

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (177)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR