2016-04

言行相反 支離滅裂


「実地指導対策講座に時間とお金を使う無駄」なんてことを
書いておきながら、その張本人が実地指導対策セミナーの
講師を務めるという自己矛盾。

その矛盾を突っ込まれれば、逆切れするか、自分のセミナーは
他とは違うと苦しい言い訳をするかなんだろうな。

あまりに言ってることとやってることが違い過ぎて、きっと何かが
どうかしてるんだろうなと思います。

居宅介護支援の委託化構想!?


居宅介護支援も、地域包括支援センターから委託化する構想が
あるのだとか。

委託ありきの構想というのは、おかしくないだろうか。
どうせやるなら、地域包括支援センターですべて引き受けることを
前提とすべきではないのか。

介護給付費抑制との切り口からそのような話が出てきたのだろうが、
頭に浮かんだことをいくつか。

○地域包括支援センターの委託を認めず、市町村直営のみとして
 いただきたい。

○現行の介護予防支援において、地域包括支援センターが
 同一法人の居宅介護支援事業所へ紹介する割合がどうなのか、
 紹介する理由は妥当適切なのか調査を行って明らかにして
 いただきたい。

○地域包括支援センターが同一法人の居宅介護支援事業所へ
 紹介する割合の上限を設けていただきたい。

○利用者は、居宅介護支援事業所へ公平に紹介する仕組みを
 確立してからにしていただきたい。

○これまでの10年間について、介護予防支援を委託した要支援者と
 委託しない要支援者で、維持・改善・悪化の程度に違いがあるのか
 検証してからにしていただきたい。

○居宅介護支援を委託する(される)となると、現在の介護予防支援と
 同じ仕組みであれば手間が増えるので、居宅介護支援事業所の
 手元に入る委託費は現状以上の額にしていただきたい。

○居宅介護支援に利用者の自己負担が導入されたとしても、
 利用料は地域包括支援センターの責任で徴収していただきたい。

○対応困難な利用者は地域包括支援センターが受け持つことと
 していただきたい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (179)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR