2015-01

アセスメント様式の統一、の裏には



平成27年1月9日「平成 27 年度介護報酬改定に関する審議報告」の41ページ、「今後の課題」
--------------------
●介護保険制度におけるサービスの質については、統一的な視点で、定期的に、利用者の状態把握を行い、状態の維持・改善を図れたかどうか評価することが必要である。このため、介護支援専門員による利用者のアセスメント様式の統一に向けた検討を進めるとともに、ケアマネジメントに基づき、各サービス提供主体で把握すべきアセスメント項目、その評価手法及び評価のためのデータ収集の方策等の確立に向けた取組を行う。
--------------------

○アセスメント様式を統一したい。
○統一したアセスメント様式は、利用者の状態の維持・改善を図れたかどうか評価する材料として活用する。
(以上、字面から)
○統一したアセスメント様式は、課題整理総括表に連結させ、課題整理総括表も必須様式とする。
○同時に、介護支援専門員の欠点を探す材料としても活用される。
○ひょっとしたら、介護支援専門員のランク付けがはじまる。
(以上、僕の目には)

ということが読み取れます。

テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (176)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR