2012-03

CMの道具箱に新しい秘密道具

「平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(平成24年3月16日)で削除されたQ&A集」を追加しました。

タイトルそのまま、平成24年度介護報酬改定に関するQ&Aで削除されたQ&Aが具体的にわかるよう、削除されたQ&Aを寄せ集めました。

CMの道具箱へはこちらからどうぞ

めちゃくちゃなQ&Aじゃん!


平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24年3月16日)
まずは“関する関係”って言い方からめちゃくちゃです。

■44ページ
  (削除)
  次のQ&Aを削除する。
  1 平成18年Q&A(vol.1)(平成15年5月30日)問59~64
  2 平成21年Q&A(vol.1)(平成21年3月23日)問85、87、109

「1」で頭が混乱
平成15年に平成18年のQ&Aを発出?

平成18年4月改定関係Q&A(vol.1)の間違いのようです。

■88ページ

平成18年Q&A(vol.1)(平成18年3月22日)問96 及び平成18年Q&A(vol.3)(平成18年4月21日)問12 は削除する。

平成18年Q&A(vol.1)は問87までしかないじゃねーか!!!

平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)の間違いかな?

退院・退所加算はどうすりゃいいんだ?


同じ居宅介護支援事業所で働く今野介護支援専門員より、次のようないい質問を浴びせかけられました。

「病院を2回訪問してその職員と面接し、今月(平成24年3月)退院を予定しているかたの居宅サービス計画を作成しているところですが、今月退院したとしても居宅サービスを利用せず、来月(同4月)から居宅サービスを利用したら、退院退所加算は何単位を算定したらいいのでしょうか?」

いい質問です。

現在ある「平成21年4月改定関係Q&A(Vol.1)」を見てみましょう。
--------------------
(問66)病院等の職員と面談等を行い、居宅サービス計画を作成したが、利用者等の事情により、居宅サービス又は地域密着型サービスを利用するまでに、一定期間が生じた場合の取扱いについて示されたい。
(答)
退院・退所加算(Ⅰ)・(Ⅱ)については、医療と介護の連携の強化・推進を図る観点から、退院・退所時に、病院等と利用者に関する情報共有等を行う際の評価を行うものである。また、当該情報に基づいた居宅サービス計画を作成することにより、利用者の状態に応じた、より適切なサービスの提供が行われるものと考えられることから、利用者が当該病院等を退院・退所後、一定期間サービスが提供されなかった場合は、その間に利用者の状態像が変化することが想定されるため、行われた情報提供等を評価することはできないものである。このため、退院・退所日が属する日の翌月末までにサービスが提供されなかった場合は、当該加算は算定することができないものとする。
--------------------

最後の部分「退院・退所日が属する日の翌月末までにサービスが提供されなかった場合は、当該加算は算定することができないものとする。」ということは、翌月のうちにサービスの利用があれば算定できるということです。

ということは、3月に退院し居宅サービスの利用がなくても、4月に利用があれば退院・退所加算を算定できるんです。

病院を訪問して職員と面談したのは3月、サービスを利用し居宅介護支援費が発生するのは4月。
新しいコード表には300単位の退院・退所加算しかない。
4月の居宅介護支援費と一緒に300単位を2回算定してもいいのだろうか。

・・・わからない。今野くん、今後のQ&A待ちとしましょう。

軽微な変更を判断するのは誰?

平成24年の介護報酬改定に目が行きがちですが、居宅介護支援の事業の解釈通知も改正されていますのでお見逃しなく。

で、第13条第15条「居宅サービス計画の変更」に関し、軽微な変更について「介護支援専門員が…判断したもの」と盛り込まれているのですが、これについてオンブズマン放談というサイトに関心深い記事がありましたのでご紹介します。

結論だけお伝えすると、軽微な変更かどうかは“ケアマネの専門性の中で判断していただく”と厚生労働省のかたが発言しています。

軽微な変更かどうかは、都道府県でも保険者でもなく、介護支援専門員が判断するということが明確ですね!

«  | ホーム |  »

プロフィール

narisawa+

Author:narisawa+
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (182)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR